アメリカで起こる銃乱射事件という悲劇について

アメリカでは、日本では考えられないような銃乱射事件がしばしば起こり、尊い命が犠牲になっています。事件が起こるたびに銃規制への世論が高まりますが、結局は全米ライフル協会の圧力で、銃規制が進む気配は一向にありません。
銃規制への反対派は、自分たちの安全を守る権利のために銃は不可欠だという信念があるようで、いわば、フロンティア精神に通じるものだという自負があるのでしょう。また、敗戦国で戦争を放棄した私たち日本人が、どれだけアメリカ社会への銃規制を主張したところで、説得力はないでしょう。
しかし、武力に対して武力で対抗することが、いかに愚かなことであるかは、歴史が証明しています。殺傷兵器を持つことと、社会がそれを容認することは、人間の持つ自制心を解き放ってしまうことがあることを認めるべきではないかと思います。
日本人はそのことを認めたからこそ、法律で武器の所持を厳しく規制することができたのだと思います。そして武器を作って売ることをビジネスにしている人たちを利することを、やめさせるべきだと強く思います。車査定に行ったけど買い取り額に満足いかない人へ